強引な売込は絶対しません!

よくある質問

「塗り替え」には、入念な事前打ち合わせが大切です

大切なお住まいを美しく塗装するには、施工店との十分な打ち合わせが重要です。
建物の現状を認識していただき、施工方法についてもご理解いただくことが「塗り替え」成功の秘訣です。

施工店の方に「シーラーで下塗りをする」と言われましたが必要ですか?
必要です。
塗り替えでは密着性を重視します。
シーラーの役割は
  1. アルカリ押さえ効果
  2. 吸い込み止め効果
  3. 密着性向上
です。
ちなみにシーラーとは「覆い隠す」と言う意味があり、主に吸い込みのある素材に適用する下塗り材の事を指します。
細かい亀裂がたくさんあり、きれいに直るか心配です。
ご心配ありません。
下地の細かいひび割れを補修する材料としてフィラーがあります。
フィラーは目止めと言う意味があり、本来の役割は躯体(くたい−建物の本体)の細かいひび割れを埋めたり、表層を平滑にすることです。
ヘアークラッキング

ヘアークラッキング

壁にさわると白い粉がつきますが大丈夫でしょうか。
これはチョーキング現象(白亜化)です。
熱、紫外線、風、雨などのために塗膜が劣化し、塗装表面が次第に粉上に消耗していく減少です。
直ぐに建物が傷む心配はありませんが、この現象が現れるとそろそろ塗り替えの時期です。
チョーキング

チョーキング

外壁に長いひびが入っているのですが大丈夫でしょうか。
これは塗膜の割れ(クラック)です。
塗膜に裂け目が出来る現象を言います。下塗り塗膜または素地に達している深い割れをクラック、塗膜表面の浅い細かいひび割れをヘヤークラックと言います。
深いひび割れの場合は早急に専門家に見てもらうことをお勧めします。
クラッキング

クラッキング

新築の時と、屋根の色がずいぶん違うように思うのですが。
これは変退色です。
塗装した後、塗膜の劣化によって塗膜表面の色が劣化したり、何らかの原因で元の色と異なった色に変色する現象です。
クラッキング

スレート屋根の変退色

クラッキング

トタン屋根の変退色

クラッキング

さび、カビ、藻の付着

塗料は厚く塗るほどいいのでしょうか。
一回に塗る量や厚さは、塗料の種類によって決められています。
一度に厚く塗ると、ダレ・ツヤが不均一だったり、乾燥不良など仕上がりが悪くなります。
塗料は、薄めたほうがきれいに塗れるのでしょうか。
幕厚が不足し性能(耐久性)が発揮されません。
また、薄めすぎると塗料がたれやすくなり、仕上がりも悪くなります。塗料にはメーカーによって定められた希釈率があります。その規定に従った使い方が必要です。
足場がなくても施工できませんか?
無理です。
足場は塗装作業で非常に重要です。安定の悪い場所では、どんなに優れた職人でも良い施工をすることは出来ません。
それと塗料が回りに飛び散り、近隣の方にご迷惑をおかけするのを防ぐためにシートで覆う必要があります。
大田区リフォーム

お問合わせはこちら
  • 大田区リフォーム専門会社フローリアホーム会社概要
  • 社長山岡和夫の想い
  • 個人情報の取り扱い

悪徳リフォーム撲滅研究会事務局
フローリアホーム

〒146-0092
東京都大田区下丸子2-18-1
多摩川企業ビル1B
TEL:0120-46-0119
FAX:03-5482-2965
ご相談はこちらから